注目のトピックス -レーザー治療 | 奈良市学園前駅の耳鼻咽喉科・アレルギー科『こばやし耳鼻咽喉科』

サイトマップ

奈良市学園北1-9-1 パラディII 5階 TEL:0742-40-1133

ホーム > 注目のトピックス > レーザー治療

レーザー治療

鼻のレーザー手術を検討されておられる方へ

いくつか知っておいていただきたいことがありますので、参考にしてください。

適応

アレルギー性鼻炎肥厚性鼻炎が対象となります。
副鼻腔炎が原因の鼻づまりや感冒などでの一時的な鼻の症状は対象外です。
レーザー手術は鼻のみの焼灼となりますので目や皮膚の症状には効果がありません。

アレルギー性鼻炎

手術の時期

花粉症

手術の時期はできるだけ鼻の症状が落ち着いている時にしましょう。スギ花粉症の方なら2月に始まるため1月中旬まで、ヒノキ花粉症の方なら3月に始まるため2月中旬までにレーザー手術を終えておかれることをお勧めします。
花粉症の始まる前に準備しておくというイメージです。

効果

個人差はありますが、効果の持続は約1年です。
約半年で効果が薄れる方もおられますし、2~3年持続する方もおられます。
施術直後は約1週間、特に3~4日後の術後処置までは鼻づまり・鼻水が増えます。
その間、鼻をかんだり触ったりを可能な限り控えていただきますので、お辛い期間がありますが、術後処置により楽になります。

レーザー治療と薬の治療との差

レーザーは1回すると約1年持続するので、薬を飲むと眠くなるなどの症状がある方にはお勧めです。また、お薬だけでは防ぎきれない方もレーザーを併用されると効果が高くなります。ただ、レーザーはどちらかというと鼻づまりに効果が高いので、鼻水が出るだけの方、眼や皮膚にも症状の出る方には薬の方が効果を期待できます。

対象年齢

決まりはありませんが、ご本人がレーザー手術のことを理解していただいた上での施術が望ましいので、中学生以上くらいが目安となります。

手術までの流れ

鼻のレーザー治療の流れ

  1. 術前検査、鼻内チェックと説明、手術の予約
  2. 手術
  3. 3~4日後の術後処置

具体的な治療

花粉症

  1. まずお鼻の中を確認し、手術の内容を説明したり、手術の日程を決めたりします。初めて当院で手術を受ける方は、体の調子を確かめるための採血を行います。何のアレルギーか調べるためのものではありません。
    何のアレルギーか知るための採血をご希望の方は、その旨をお伝えください。同時に調べることができます。採血は初回のみです。
    初めての手術でない時は電話で手術を予約できます。
  2. 手術は日曜日と休診日(水・祝)を除く11:30~13:00の間で、日にちと時間を決めて行います。土曜日は混雑具合により開始時間が遅れる場合が多いのでご了承ください。手術は、麻酔のお薬をひたしたガーゼを鼻の中に40~50分ほど挿入した後行います。手術時間は両側で約7~8分ですので、麻酔にかかる時間と併せて約1時間です。

    アレルギー性鼻炎

    花粉症

    ※術後一時的に鼻づまり・鼻水が増えますが、できるだけ拭いたり押さえたりする程度で次の受診(3日後)まで頑張ってください。ここできつくかんだりしてしまうと、お鼻の中がガサガサになり出血の原因になったりします。
  3. 術後3日後以降に受診してもらい、お鼻の中を掃除します。その処置でお鼻の中がすっきりします。そこまでの3日間がお辛いと思いますが、処置で落ち着きます。

その他

適宜ご質問ください。手術は、一度受診していただいたうえで予約制で行っております(水曜日、日曜日を除く11:30~13:00の間)。状態によっては、できない場合や効果の期待できないこともありますので、詳しくは一度当院にてご相談ください。

費用

レーザー治療は保険の適応があります。費用は、3割負担の方で約9,000円です。